病理診断科

ホームスタッフ紹介 > 坂谷 貴司 臨床教授

坂谷 貴司 臨床教授

坂谷 貴司

臨床教授

坂谷 貴司

出身校

鳥取大学(平成8年卒)

取得資格

病理学会専門医、指導医/臨床細胞学会専門医、指導医/臨床検査管理医

略 歴

1996年鳥取大学医学部医学科卒業
1996年鳥取大学第一外科研修医
1997年鳥取赤十字病院外科(研修医)
1998年鳥取大学大学院医学系研究科博士課程
2001年米国Johns Hopkins University postdoctoral fellow
2004年神戸市地域医療振興財団 西神戸医療センター病理科 副医長
2006年東京大学大学院医学系研究科 人体病理学・病理診断学分野 助手•助教
2010年自治医科大学病理学講座統合病理部門 准教授
2013年自治医科大学附属病院病理診断部 准教授・副部長
2014年日本医科大学付属病院病理診断科 臨床教授

専門分野

外科病理一般、乳腺病理、細胞診、消化器分子病理

認定資格

日本病理学会専門医、日本病理学会病理専門医研修指導医、
日本臨床細胞学会専門医、日本臨床細胞学会教育研修指導医
日本臨床検査医学会臨床検査管理医
厚生省認定死体解剖資格

所属学会・役職等

日本病理学会(学術評議員、病理診断講習会委員会委員長、乳癌HER2 SWG委員、病理専門医施設審査委員会、病理専門医研修プログラム審査委員会、生涯教育委員会)
日本臨床細胞学会(評議員、IAC Yokohama System 乳腺細胞診WG委員、細胞診専門医会会報編集委員会幹事)
日本乳癌学会(評議員、規約委員会、教育研修委員会病理小委員会委員長)
特定非営利活動法人 日本病理精度保証機構 理事

論文

  1. Leung SCY, Nielsen TO, Zabaglo LA, Arun I, Badve SS, Bane AL, Bartlett JMS, Borgquist S, Chang MC, Dodson A, Ehinger A, Fineberg S, Focke CM, Gao D, Gown AM, Gutierrez C, Hugh JC, Kos Z, Laenkholm AV, Mastropasqua MG, Moriya T, Nofech-Mozes S, Osborne CK, Penault-Llorca FM, Piper T, Sakatani T, Salgado R, Starczynski J, Sugie T, van der Vegt B, Viale G, Hayes DF, McShane LM, Dowsett M; International Ki67 in Breast Cancer Working Group of the Breast International Group and North American Breast Cancer Group (BIG-NABCG).
  2. Analytical validation of a standardised scoring protocol for Ki67 immunohistochemistry on breast cancer excision whole sections: an international multicentre collaboration. Histopathology 2019;75:225-235
  3. Hotta M, Sakatani T, Ishino K, Wada R, Kudo M, Yokoyama Y, Yamada T, Yoshida H, Naito Z. Farnesoid X receptor induces cell death and sensitizes to TRAIL-induced inhibition of growth in colorectal cancer cells through the up-regulation of death receptor 5. Biochem Biophys Res Commun. 2019;519:824-831
  4. *Shinozaki A, *Sakatani T, Ushiku T, Hino R, Isogai M, Ishikawa S, Uozaki H, Takada K, Fukayama M.Downregulation of microRNA-200 in EBV-associated gastric carcinoma. Cancer Res 2010;70:4719-4727
  5. Sakatani T, Kaneda A, Iacobuzio-Donahue CA, Carter MG, de Boom Witzel S, Okano H, Ko MS, Ohlsson R, Longo DL, Feinberg AP. Loss of imprinting of Igf2 alters intestinal maturation and tumorigenesis in mice. Science 2005;307:1976-1978
  6. Sakatani T, M. Wei, Katoh M, Okita C, Wada D, Mitsuya K, Meguro M, Ikeguchi M, Ito H, B. Tycko, Oshimura M. Epigenetic heterogeneity at imprinted loci in normal populations. Biochem Biophys Res Commun 2001;283:1124-1130

著書等

  1. 坂谷貴司:病理(分担). 乳腺腫瘍学第3版. 金原出版, p11-41, 2020
  2. 坂谷貴司:病理診断, TNM分類. 新臨床腫瘍学改訂第5版. 南江堂, p195-203, 2018
  3. 坂谷貴司:病期分類, 腫瘍浸潤径, リンパ節転移(センチネルリンパ節転移診断を含む)とその意義の変遷. 乳腺II-乳癌治療個別化のための病理診断. 病理と臨床. 文光堂, p944-951, 2018
  4. 坂谷貴司:乳癌の病理診断. HER2. 乳癌学 最新の診断と治療. 日本臨牀, p237-241, 2017
  5. 坂谷貴司:胃癌・乳癌HER2病理診断ガイドライン第1版(分担). 日本病理学会編, 金原出版, p8-45, 2015